卒業生の声

江越 梨花 さん(平成28年度卒業)

江越 梨花

中学校時代、人間関係にとても苦しみ、学校も不登校になりつつあり不安なまま九国に入学しました。先生方がとても優しく熱心に話を聞いて下さったり、一生の友達もできていつの間にか不安な気持ちが無くなり、とても快適な学校生活を送れました。今では、先生方や友達のお陰で自分の夢を見つけ、美容師になるためと日々頑張っています。

馬渡 達也 さん(平成28年度卒業)

馬渡 達也

九国で過ごした3年間は私にとって必要な時間でした。前の高校でつまずき、不安を抱え入学しましたが、近い境遇の仲間がいて安心しました。イベントが多く本当に楽しい高校生活だったと振り返ります。現在は、九国の専門学校に内部進学し公務員を目指して勉強中です。これから、お世話になった方々に少しずつ恩返しをしたいです。

山田 航平 さん(平成27年度卒業)

山田 航平

私は、九国で挑戦することの大切さを学びました。自分が嫌なことに直面した時いつも逃げていましたが、何でも続けてみなければ結果が分からないということを先生に教えてもらいました。様々な学校行事を通じて自分自身が変化していき、3年生の冬に音楽イベントを皆で成功させ充実した学校生活でした。今私は、調理師専門学校に通い、将来はシェフになるために学んでいます。

蒲原 涼輔 さん(平成27年度卒業)

蒲原 涼輔

九国は、先生の数も生徒の数も少なくとても小さな学校なのですが、その分先生と生徒の距離がとても近く自分の進路や勉強について悩みから日常の些細な悩みまでとても親身になってくれます。また、僕自身大学進学を目指していたのですが、そのために必要な勉強時間を十分取ることができ、目標にしていた第一志望校に合格することができました。今は、東京の大学で物理学を学んでいます。九国で過ごした時間は決して無駄ではなかったと思います。

末藤 梨紗 さん(平成25年度卒業)

末藤 梨紗

高校時代、私は友人関係でとても悩みました。先生方はいつでも相談に乗って下さり、共感してもらうこともあれば時には厳しいアドバイスももらい、いつも全力で向き合ってくれました。お陰で悩みながらも3年間自分らしく過ごすことができました。また、保育士になるという目標ができた時も一緒に色んな道を考えて下さりました。短大に進学しても保育士になった今でも九国に寄ると笑顔で迎え、励まし応援して下さる先生がいます。そんな九国が私は大好きです!

中川 愛子 さん(平成24年度卒業)

中川 愛子

社会人1年目、現在おもちゃの博物館で働いています。九国から美術の短大へ進学し、大学へ編入、卒業制作でからくり玩具をつくり、賞を頂く事ができました。高校時代の雑談や、授業中の落書き、放課後の夕暮れの時間がそのまま私の作品となっており、今思うと九国に通う前や九国時代に悩んだことは無駄ではなく、その時間があったから今の私が有ると思います。九国は私の青春です!