保護者の声

卒業生の保護者の方々より温かいお言葉をいただいております。

諦めない気持ち

前の学校では、人間関係がうまく行かず一年生の時に転校してきました。
前の経験を引きずっていたようで、登校できずに苦しい時期もありましたが、先生方が諦めずに励まし続けて下さり少しずつ登校できるようになりました。
三年生になった頃には、クラスにも馴染み楽しく登校できるようになりました。修学旅行やイベントにも参加でき、卒業前のライブにも友達とバンドを組んで歌うまでにもなりました。無事に卒業でき、専門学校に進学も決まり、先生方には本当に感謝しております。
まだいろんな試練があるとは思いますが、九国での経験を生かして人生を楽しんでほしいと思います。ありがとうございました。
江口様(平成29年度卒業生保護者)

希望する道へ

九州国際高等学園に転入して「急がず・休まず・諦めず」の教育方針が、子どもを自然と学校に向かわせてくれました。そして、先生方の惜しみないご尽力に支えられてまいりました。
学校全体の行事にも参加できるようになり、学年を超えての交流もできるようになりました。
クラブ活動では、デザイン部に所属し、作品づくりに取り組みました。伊東先生のご指導のもと、記念に残る成果を出すことができました。
また、各種検定試験にも挑戦し自信と意欲を持てたようです。
二年間、目標を持って無事卒業することができました。喜びと希望をありがとうございます。皆様に感謝申し上げます。
小野様(平成29年度卒業生保護者)